遺産相続をスムーズにするために

遺品整理を行うタイミングとは?できるだけスムーズに行うにはどうすれば良い? - 遺産相続をスムーズにするために

遺産相続をスムーズにするために

大切な家族や親戚が亡くなってしまうと、その悲しみもショックも大きいでしょう。なかなかそこから立ち直れないこともあります。
そんな中でも、その家族や親戚の使っていたもの、つまり遺品整理をしなければなりません。

遺品整理のタイミングとは

tdjytjd
遺品整理は基本的にいつの時期にやってもかまわないものです。たとえば、法要などのタイミングで家族や親戚があつまったときに、みんなで遺品整理をするケースもあります。また四十九日や三十日祭といってそれぞれの宗教での節目の時期までに行うというケースもあります。あとは気持ちが落ち着いてから、ゆっくりと行うなんてケースもあります。さらに役場などの公的な機関へ手続きを終えたタイミングですることもあります。時期については、明確な決まりもありませんので、残された家族や親戚のタイミングで行いましょう。
とはいっても、たとえば、賃貸物件で独り暮らししていた場合にはちょっと状況も変わります。そこの大家や不動産業者から早めに対処するようにと依頼されることもあります。その場合には、やはり早めに対処することも必要とも言えます。

遺品整理と遺産相続の関係

親や親戚がなくなったときに発生するのは、遺産相続のことです。亡くなられた方の遺品をどうするか、また遺したお金をどうするか、土地や建物などや貴金属類などどうするかいろいろとあります。そういった遺産相続についても、時には家族や親戚の間でトラブルにもなりますから、頭のいたい話でもあります。しかし、亡くなられた方のためにもなんとかスムーズに相続の対処をしなければなりません。
遺産相続もこうした、遺品を誰がもらうかなどを決めたり、どこかに寄贈するなどするので、ある意味、遺品整理と言えそうです。ですので、遺産相続はなるべく早めに、どれだけのものがあるのか、相続人は何名になるのかなどもしっかりと確認しておきましょう。これがまずは遺産相続をスムーズに進めるための第一歩なのです。

遺品整理では相続のことも考えよう

ついつい目の前に亡くなられた方の持ち物があって、例えば家具や家電をみると、もらわないし早めに処分するかと言う気持ちになったりもします。しかし、だからといって、すぐに処分しては実はいけないのです。
というのも、遺品整理をすると遺産を相続したとみなされてしまい、万が一のときに遺産放棄はできなくなります。マイナスの遺産、つまり借金が多額あったときには、それもひきとらないといけなくなるのです。ですので、先にあげた遺産がどのくらいあるのかの確認が必要になるのです。もしもすでに知っていれば、どうするか最初から話し合えますが、あとから出てくると、もう引き取らざるを得ないなんてことになってしまいます。それで将来に綿って、借金返済なんてことになるケースもあります。
子ページにて、遺産相続の種類などもあげています。まずはそれをみて、相続の種類を知っていきましょう。
あと、もしも、マイナスの遺産がないからといっても遺品整理をするときには注意も必要です。
たとえば、遺言書がみつかってしまったときの対処や遺品整理を業者に頼んでも相続にからむことは対処できないなど、いろいろと気をつけることもあります。それらについても、子ページにて紹介しています。
そういった注意点を気をつけながら進めていくと、遺品整理も進んで、遺産相続もスムーズに進むようになるのです。

最後に

遺産相続もスムーズに進むためには、遺産の知識を持つことと、遺品整理のことを知ることが必要です。前もって知っておくと、その場で慌てずに冷静に対処もできるでしょう。
■遺品整理業者ならココ→http://www.tripperclub.com/
遺品整理110番|1R40,000円から経験豊富なプロが対応